1ko(ichiko)さんのつくる新しいカタチのブローチが届きました。
Img_2cc8c294189a2f6342dfa40e84e90a0a


シロツメ草

ドクダミ

クローバー



Img_9d0c2777eecf389d51f6e47900b5adb0

身近な植物たちの
自然のままをカタチにしたような佇まい。

革の表情を活かしながら
細部まで丁寧に仕上げられたかたちに
届くたび惚れ惚れしてしまいます。

Img_70a15408c38fe52e14a5cc462a71a5eb

どうぞ手に取ってご覧ください。

帽子や鞄、胸元に。
いつもの装いももっと素敵に楽しくさせてくれると思います。

がらすやoqu 小国香織さんから
新しいカタチのガラスが届きました。

Img_7f303b6412bf8e76ba06fca9f39f04a0
少なくなっていたグラスもいろいろ。

朝食には小国さんのグラスで麦茶をごくごく。
が我が家の朝の定番。

サイズや形も一つずつ違うので
手に馴染むのを触れてみてお選びいただけたらと思います。

小さいサイズはデザートカップやヨーグルトをいれても◎

毎日当たり前に手に取るグラス。
そんな存在がなんだかありがたいなぁと感じるのです。


Img_7ab48d6897c1c4eea5684ca26438c695


前からガラスのお皿が欲しいなって
お願いしてて

きっといろいろ繰り返し作って作ってできた新しいカタチ。

小國さん。すごく素敵。

何を入れようか。わくわくしてます。




Img_c7334a7ee007987a8e05cd87525fb13a
雪のガラスシェードも届きました。

静かにいつも見守っててくれるようで
眺めていると心が柔らかくなるのを感じます。

ガラスシェードに関してはコードのお色や長さも
ご相談しながらお選び頂けますので
気になられた方は是非店頭でご覧ください。

・・・・・・・・・・

今週は夏らしい暑さとなりそうですね。

祭りが始まる前の準備の様子や太鼓やお囃子の練習の音。
あちらこちらから伝わる
静かな熱気に毎年ながら胸が騒ぎます。


皆さんにとって愉しい夏となりますように。








村山大介さんの器が届いてます。


今回はシャーベットカラーのものやトルコ青の
きれいな色目のものを多くお願いしました。
Img_e6e6fde1cdcc9d4a0c95f8f7df3f75ee
Img_9db906ecc99c87a2e00ea359b6da360b
Img_98b1a550c3497a57050a2dd0b123edaa
Img_f38519cab2052f5c66e7e4da3756ca33
端正に整えられたカタチに
ずっと眺めていても見飽きることがないような色の釉薬。

うちでつかっている器も
細かな貫入に色が入り込んでまた良い雰囲気になってきました。

使うことで、どんどん自分の手に馴染んでいくから不思議。


何年か後の変化を楽しみに
お使いいただけたらうれしいです。
久しぶりに益子の原泰弘さんから器が届きました。



原泰弘さんは、笠間の大津晃窯で研修した後、益子の成井恒雄氏に師事。
2000年に益子で独立し、ほとんどの作品を登り窯で焼かれています。



Img_412db6c9db4e2e0a4bc4b4e4b163d499
Img_faa0e6d5c39b81226436969c654fefee

原さんのすり鉢はぼってりとした肉厚で、高台が広く安定感がある為、
擂る時に力が入りやすくとても使いやすいです。

4サイズずつ入荷してきました。
サイズによって様々な用途にお使い頂けます。
お料理ごとに使い分けたり、器として使っても。


Img_bd90d9aa0212a7c1ae890e860782226f
Img_62b25774ef49f246a630a0a4542ef506

オロシ皿は、ワサビやショウガなどを食卓で、
その場でおろして食べる際に非常に便利で扱いやすい台所道具。

冷たいうどんやおそばが食べたくなる
これからの季節にもぴったりです。


白磁のおろし器は使い勝手が良く、手を痛めることもありません。
繊維が目に詰まることもなく手入れが楽なのもうれしいです。

大根や山芋などをすりおろす時にとても便利です。



Img_cfd9453a53b30edd58835656674c844c
Img_7362225a6bb00ef8c52fd92243f828f8

原さん自身が手で打って仕上げられた真鍮の持ち手。
益子特有の釉薬には貫入がみられ、使い込むほどに育っていくその色合いが魅力な土瓶。

毎日のお茶の時間、来客の際にも道具を使う楽しみを
日々感じることができると思います。


道具としての器。
日々の暮らしがすこしでも豊かなものになってくれたら
うれしいです。
casaneさんより草木染めの
トートバッグやあずま袋、コースターなどが届いております。

Img_669e094d1f34cfa55d8c09e2032ba445
Img_bf2e57cf6990fcf89231bcc1a60db0ad
Img_a6815704195f7d66d0c5e5afcae3dbe4

季節の植物や木の実などを、
自分の足で山に採りにでかけ
ゆっくり時間をかけてその植物たちの美しいイロを
布に移し、染めていく。

その布を使い、日々に寄り添うものを
ひとつずつ丁寧に制作されてらっしゃいます。


身近な植物たちから頂いた
自然と調和するような美しい色や匂い。

染められた布は布のなかで
呼吸をし、日々変化し育っていきます。

Img_e308bd1e08ffd5d86838602671fd5232
casaneさんのあずま袋に合わせたいなと思っていた
すず竹のかご。

届かないかなぁ。と思ってたとこに
持ってきてくれて、びっくり。
嬉しいなぁ。

Img_175cdea4633f4c88c4affbc3b1f351b3
そして作り手の方に
ちゃっかりモデルになってもらう。笑

どちらも日々の暮らしを
豊かな気持ちにさせてくれる、暮らし道具です。


今ある材は竹が日焼けして
所々モーブ色が見えて、今までの青々とした
印象とまた違う雰囲気。

こちらのお色がお好きなかたは
是非今のうちにどうぞ。
Img_0cbb02ca98881faf11aee18fe0f4b988
Img_e0962bde8097e90de01d6096deb01f84

120年に1度の周期で咲く竹の花が
今年開花。
花が咲くと竹が枯れてしまい、
今後材料となる竹がなかなかとれなくなるかも。。とのこと。
自然のこととはいえ、心配です。

今目の前にあることが
当たり前と思わず心構えをちゃんと
持って過ごさないとな。


今後は竹の材料によっては今まで通りのペースで
ご紹介できないかもしれません。

入荷後はすぐに完売してしまうことも多いので
もし気になられた方は店頭で是非手に取って見てください。