ardem su oから届いた新作のバック。



【ardem su o】
Triangle Basket 36,720円YEN

SIZE / H34.0×W38.0×D17.0
QUARITY /1. COTTON RATTAN


しっかりとした
8号コットンキャンバスを使用し
洗いざらいのナチュラルな風合い。


ショルダーの長さは調整する事ができ、
肩にかける事ができます。
Img_bf56a377d8b8bb12509fbd9a35b82d0d
Img_ce810d2ce69889405b0598a4f0562413

とんがりのバスケットが可愛いな。

ひとつひとつデザインに合わせて
丁寧に手編みで仕立てられています。

Img_646915707c6371e129d6a6eb0685c944

いくつになっても可愛らしさをもっている女性でありたいな。
ardem su oのバックは
そんなふうに思わせてくれます。



Img_3bec8eaa2bb9744a7e9cc346e84bbd9d

canvas mini arch 11880yen

アーチになった持ち手部分はすべて手編みで仕上げられ、
ハンドルの裏側はしっかりとしたイタリアンレザーで補強しています。

余計なものをそぎ落としたシンプルな形の分、
洗いをかけたコットンキャンバスの風合いや
紅籐の自然な趣が引き立ちます。
Img_d4d74da7249ed4305e9f172f8679193a
写真ではなかなか伝わらない
ardem su oの世界に
どうぞ触れてみてください。
新しくご紹介させていただきます。


栃木県益子町で作陶されている
田尾 明子さん

Img_8f35d21627e52dd1025b14bd3db0e093
この瑠璃色のマグカップは
お店を始めて間もないころ、東京出張で立ち寄った
starnetさんで自分用にと買ったもの。

その時はどなたがつくったのかも知らずに
ただただこの器からにじみ出るような青の美しさと味わい深さに
一瞬で心をわしづかみされたのをいまでも覚えています。


お店の方からお名前は聞いてたものの
ご連絡先もわからずで
またどこかで出会うことができたらな。と
こころの中でずっと想っていた田尾さんの器。


そしたらね、また出会うことができました。
先日行った益子陶器市。

素敵だなぁと見ていた器のなかで目が合ったあの瑠璃色のマグ。
あぁ。絶対そうだって。
ブースのお名前をみたら、やっぱり田尾さん、、、。
胸のどきどきを押さえながらご挨拶させていただいて
今回お店でご紹介させていただけることに。


Img_4699f1cb1aaa8cd1f45d86bee981c23c
何枚写真を撮ってみても
実際の表情を写し取れないなぁ。


Img_5d67635cf06142b7485fd772a9c88654
Img_920ebba8333fcae98269234573e5f247

田尾さんの器を見ていると
土と真摯に向き合って対話している様子が
見える気がします。


こころにまっすぐ響いたものを
素直な気持ちでご紹介したい。
あらためてそんな風に思いました。


写真では伝わらない良さを
是非、見て触れて感じていただけたらうれしいです。



伊藤尚美
SUMAU naniIRO

2017 9th stage  新作が届きました。
Img_4aa3e51cbf049a1467a43b25e10b9fa2

一年の日々を通して、

季節の移り変わりや
身の回りの出来事、

身近に感じるものをモチーフに

抽象的な形や模様に変換していく

伊藤尚美さんのイロの世界。
Img_06c955c4553287d1b4091f6e52efecef
Img_39e0dcbb8c3861f9e6932aadb2c06c4c
Img_f122024e5a79008e81e8b4b22992021d



伊藤さんの描く

水玉やしましまに

きゅんとする。

ご縁があり新しくお取り扱いさせていただくことになりました

ハンコ作家 
asakozirusi 尾﨑 浅子さん。
Img_52cda19870be73d80261116c68143f87


植物や鳥などの自然をモチーフに
消しゴムはんこで物作りをしています。

Img_33b619a2c9cee353dafa696549fb6dca

目にとまる風景や
記憶に残った色やかたち。
尾崎さんの手によって
ちいさな世界がうまれます。

Img_dd33a4c54cdcf6ac443d05f7d5f76000
Img_b4499b0a1a6bc7b23b9684ce30f4b223
Img_af6b442736325c233aea03000b574592
【はんこ本。】
はんこからうまれた
物語のような風景と
尾崎さんの言葉。

まだ見ぬ尾崎さんのことを想いながら
1ページずつわくわくしながら読みました。

Img_550b82a677fc792c856c5c0a2351c101
Img_8c7c0b99153218c43b5e373d531aca18
Img_96fec17400bdb40f639b71174dc2c0d9
すきないろを重ねたり
すきなはんこを組み合わせたり
選ぶ紙でも表情はいろいろ。

自由でたのしい。

あらためてそんな風に思いました。

是非、はんこ本と合わせてご覧いただけたらうれしいです。









岩手の宮古和人さんから
器が沢山届きました。
Img_7ae3574de13841c339e95d330f36ef2c
輪花皿や鎬カップ、、、
いつもそばに置いておきたくなるような器です。

Img_10c2f884b6564bb42ca2fc3d8eda6457
Img_c647a674492ea8d0d7b6af3d489779da
三島や安南のようなにじみ出るような表情の
味わいの深さを感じる器もつくらる宮古さん。

その自由な作風は確かな技術があってこそ。

その豊かな器の表情を
是非店頭で触れてみてくださいね。