ユニヴァーサルティッシュより新作2点のご紹介です。
Img_6e3f9bdbc0fcf0a18952bf066a78f8e3
【universal tissu】spindle cami-pants 17,820yen
Img_63d97e1db2b1d8ebb452f20f5bb09247
Img_8d7030e840ba6ef0fe276f5494b57d4e
ユニヴァーサルティシュのサロペットは
ラフな大人の魅力があります。

今シーズンのサロペットは細めのストラップが特徴的で
ウエストにわたるリボンもバックスタイルを印象づけてくれます。

足元はスニーカーやサンダル...
ヒールのあるものでもいいかも。

さまざまのシーンで活躍してくれそうな一枚です。
Img_55437e28f3d0b03a45dacac0f4d07106
【universal tissu】w-tissu garconne op 16,200yen
Img_dc51a152fcbb0be692fc9fa8cb5697e2
Img_98da60ac617f0b794debda7cbac98f2a
Img_1bd513b0422acbb3a61dc6170ec82af3
とてもやわらかなコットンリネンジャージと切りっぱなしのフハクのコンビ。

動くたび裾がはらりと揺れるイメージです。




桜も落ち着いたところなのかな。
昨日までは県外ナンバーの車で大渋滞だったお店の前も
今日は車通りも静かでゆっくりした時間が流れています。

またいつもの日常に戻ってゆくのかな-。
Img_5df221951899fad21e8e43e4e73f63f1
リーズ 3,780yen
増田 由希子
フラワーコーディネーター

暮らしに飾る花にまつわるさまざまを提案するアトリエ、
F+studio 主宰。

Img_96f8cf75db3bad9f29f860279467bb08
メリーゴーランド 4,103yen  泡々花器 1,296yen
Img_b8203fd59996ca603a1c4bdb03d5dbbd
ワイヤー多肉ボックス 3,240yen
増田さんのワイヤー花器を初めて手に取ったのは東京出張で立ち寄った雑貨店。

その時はじつはだれが作られたのかも知らず、
ただただワイヤーとガラスの組み合わせが
素敵だなぁと思い、自分用にと持ち帰ったものでした。

お店でお花を入れて飾っているとお客様に尋ねられることもしばしばで
そこから改めてたどっていったとき増田さんの存在を知ったのでした。

それからやり取りを重ね、今回届けられました。

増田さんの手によってつくられたモノたちをみていると
より自然に近い形で表現されているなぁと感じます。
その時の背景や感情、空気感まで伝わるような。

暮らしにそっと寄り添ってくれるような、そんな存在。
是非、手に取って触れてみてください。
ardem su oより2014 SS新作のBAGが届きました。
Img_6a485ca2c54d3daf590b5f6e68cbf1c6
【ardem su o】
spring tote basket 17,280yen(税込)

今回の新作もやっぱり素敵。
私も欲しい!笑
Img_7f70b3a9c57d7b7b9b9270b79e944a00
Img_3425e8d4dfd77f1293248e0738f9512c
手編みで編まれたバスケット部分とショルダーからの太目のカラーラインがポイント。
全3色揃いました。
肩掛けにも持てるデザインで随所にアーデムスーオーらしさを感じる可愛さ。
Img_1fecfbaaeeb0c51c920c31703e6a6af0
Img_0a47d340aef68c82d1cd6ae6214ebcc4
是非お試しくださいね。
久しぶりにNoritakeのものが届きました。
お店の一角にノリタケコーナーが出現。

【Noritake】についてはこちら↓
 (Click!) 
Img_40971c9f155b1745be058fe306ce101b
・「this is a pen 」サインペン各色
・「釘」「トンカチ」缶バッチ
・「city」トートバック
・Tシャツ XS. S. Lサイズ
・「writer」ライター
・「Bowl」ポストカード

・・・・・・
Img_b6a61b709385c65a1d5f4a223bd97238
シンプルに潔く。
「City」という言葉がかっこよく思えてきた。
Img_f00373a3055c23958feccd6eded0b832
Tシャツに書かれた2BOY.
Tシャツをつかみ合う2BOY.

いいねー。好きだ-。

かわいい女子に。
かっこいい男子に。
是非とも着てもらいたい。

そんなあなたが大好きです。笑

今回はメンズサイズも入荷してます。
ぎりぎりのお知らせになってしまい、大変申し訳ございませんが

明日、24日(土)は出張の為お休みいたします。

ご来店予定の皆様にはご迷惑おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Img_c33a9fd9618277e9fc8cc1a92d103a93
Img_c474be5475b67baf6815b6280b3e159e

今回の出張の目的は2つ。
長野県松本で行われる「クラフトフェアまつもと」
東京千駄木タナカホンヤさんで行われている
【日々】ナガノチサト・小高博史展


日程の調整や交通手段、分刻みでの時間配分を決めるのに時間がかかってしまい、気づけば今日出発の日!

今回は時間との勝負。
超タイトなスケジュールですが今のわたしは燃えています。笑

詳細はまた戻ってから日記やブログのほうでお知らせしますね。

では、いってきます。
無事に東京、松本出張より戻っております。

今回は移動→歩き→移動の繰り返しで常に小走り状態。笑
どこに行くにも時間ぎりぎりでドキドキが止まらない。

まさかの携帯充電切れ、松本からのバス大渋滞、、、
このままでは青森に帰れない。

勇気をだして隣に座ったバスの女性に声をかけると
快く携帯用の充電機を貸してくださり、本当に助かりました。
「お互い様ですから」と優しいお言葉。
本当にありがとうございました。

こんなかんじでバタバタの一日でしたが
これからに向けてのこと、思い、がクリアになった気がします。

まずはクラフトフェアまつもとのレポートを。
Img_3833e980b97fd731c6031b15581d20c0
Img_25e16b3b09729b163a5a984e85afacd9
Img_ce1a4221590a1bece0e77148595557c0
Img_94fc7c305aa7b0616121e45797720bb1
Img_a46161a9289be8647075c9bed0aafe43
Img_8fe1a9f1f6a772a92bf210ef95a310e8
Img_188b53c714d04d9962fd19a3546292f0
Img_f967dea289aa6ee339848c592aaa7659
クラフトフェアまつもとは今年で30thを迎えました。
見て、触れて、この空気感を体感できたことがすごく大きい。

出されている作家さん、
みんながすごくいい顔でお話されているなぁと。

それは松本の地、そして会場があがたの森公園の
のびやかで温かな光のような雰囲気が
そうさせているのだと感じました。

この素敵な地で、素敵な出会いがあり
また新しいご報告もできそうです。






おまけ
Img_d08d53ffa6cd8abda28461c561c180d8
松本市美術館。水玉オブジェ。
Img_69772bf0ca6449732252bb61324bdacc
見て~これも水玉!
Img_c8cb2bda8387e2979472bca1567690b0
蔵造の建物がつづく中道通り。
もっとゆっくりしたかった松本の旅。
今度は松本城もみたいなぁ。
家族3人で。
今日はタナカホンヤさんで行われた展示
「ひび」
ナガノチサト ・小高博史 展のこと。


24、25日に開催されるクラフトフェアまつもとの日付は前から手帖に記してた。
でも、土日だし、お店もあるし、遠いし、、、と決めかねていました。

そんな時、東京で二人の個展があるのを知って
「あーもう、行かねば」と。

フェアは24,25日。
二人の個展は25日まで。

その瞬間にもう松本までの行き方を調べてました。笑

今回の松本行の決定にはじつはそんな裏側が隠れていたのでした。

二人の絵を見て、感じたことを素直に書こうと思います。






「ひび」
ナガノチサト ・小高博史
Img_8ff14d5c5a9d3f3ac16481bffe9dfb81
Img_9d4517185414a7792da0b79870c6c7ad
Img_6ea4d6fecac2b36b76f48c9786016790
お店ではポストカードを取り扱っているナガノチサトさん。
彼女の絵はもう最初から好きでした。






Img_304f62dc19fe4cdeccebc7dd8cc423fb
Img_2dad7119dedc45d8c64071c8f3d8603a
色使いもタッチも全然ちがう二人の絵。
なのに
おんなじ空気感を感じるのはなぜだろう。
Img_2b82abee7dc44ae7840d6c85a9ff26ab
Img_7828351cc7650b55011bfdca3289dc33


わたしは絵のことなんてまったくわからないし、評価なんてできないのだけど

繰り返す毎日の中で

笑ったり、泣いたり、怒ったり、迷ったり。

そうやって日々はつながっているということ。

生きているということ。



絵を描く人や、ものを作る人にとって
カタチとして表現することは
自由な分、
楽しいことも苦しいことも
ぐちゃぐちゃな感情も自分で飲み込んで
ひとつのものを作っているのかな。

そこから生まれたものは、ちゃんと伝わるし、伝わってほしい。

頑張ってほしい。

二人の絵をみて、思ったことです。
Img_f253a61441ccea5f5bf9be14487f3974
Img_1beb33ae120840f1c2f7ccdef6bc2f38
Img_a66b6a3023c66c73f055f5f1c277156f

モノの価値を有名だとか、値段などで決めるのではなく、
ちゃんと心に響いたモノを選び、伝えていきたいと
改めて心に決めたこの日。

いつか二人の展示がお店でできるといいなぁ。