「fabrica.受注会in弘前」
2019.4.19(金)-4.30(火)

今回届いたカタチはトートバック、ポーチ、ショルダーバック。
それぞれのことを少しずつご紹介していきますね。


製造から縫製まで日本の職人さんが一貫して作られる鞄。
日本のものづくりの技術を絶やさず、親から子へと繋がるように
何年も使い続けられるように。。

そんな想いで作られたfabrica.
Img_1787c7f1bb2813764e26b381c31d65d6
Img_f4bce7637213ab45f24a974107b931ac
Img_12cbcec4f83ed629d5d15b6fbe1e4dde
Img_d3732ddafb69ec3974324140da71537a
Img_b33780a5187f6b2dba2af3aee9d1ea57
Img_9e20bdf8f407d69ed0a8889aa1c19385
ベジタブルタンニン鞣しという、身体に害がなく、
使い込むと柔らかさとツヤがでてくる鞣し方をした牛革を使用。

素材の帆布は、先染めといって、糸の段階から染色し、蝋(ろう)をひいてから、織られています。
そのため、後染めの帆布に比べ、色が奥行きがあり、撥水効果や汚れ防止にもなります。

トートバッグのサイズは全部で3サイズ、6色展開。

tote S 23000yen+tax
tote M 26000yen+tax
tote L 31500yen+tax


Img_ae4e739a142d62a564c4f29bd1e66134
Img_fff603af522906fe6750d73eb06d196d
Img_860ad756bfeaca2b7ed47a9add9b3af0
fabrica. tote S

中には2つのポケットが付いていて、小さいポケットは携帯、大きい方のポケットは
A5の手帳も収まります。ipadを入れるのにもぴったりなサイズです。

鍵を付ける為の金具(Dカン)も付いているのも嬉しいポイント。

普段使いに丁度よいサイズ感でデイリーに活躍してくれそうです。


Img_f3caec75a21f1cb9d4f2e232970d278b
Img_59ccdd8d9ee6ad71fe3738840cf61c12
Img_6105624888b0b35a6abf0ea97d4a3eb4
fabrica. tote M

こちらも内側には2つのポケットが付いています。

大きめのトートバッグは中身がごちゃごちゃしがちですが、
小物をポケットにしまって使ってあげると、バッグの中で迷子になるのも防げます。

持ち手の長さも腕にかけても肩にかけてのバランスも丁度よいです。

年齢や性別関係なく、それぞれのスタイルにすっと馴染んでくれそう。
恋人や夫婦、親子で兼用しながら一緒に育てていくのもきっと素敵。





Img_cea29f74f5b5cc720854873c1217336d
Img_20b4cc027356d1da1486cffd935ba7e9
Img_1884de6daeedd5216089dc5f48a6af57

fabrica. tote L

こちらはのトートバックはたっぷり荷物が入ります。

中には仕切りが4つ付いています。
大きなポケットにはA4ファイルや雑誌が入る大きさ。
旅行本や手帳も気持ちよく収納できます。

鍵を付けるためのフックやペットボトルホルダー、
小さなポケットには携帯電話やカードが入れたりり、
仕切りが細かいポケットもあってsuicaや切符などいれても◎

外出時に荷物の多い方や、資料を持ち歩くお仕事の方にお勧めのL。
マザーズバックとしても良さそうですね。


・・・・・・・・・・・・・・

fabrica.の鞄は一見シンプルに感じられますが
内側の設計や革と帆布の色の組み合わせ、
使い込んだ時の風合い。

使ってからこそ感じるこだわりの魅力がたくさん詰まっています。


実際の色や質感を是非手に取って見てください
会期は30日まで。
お花見の帰りの際でもよかったらお立ち寄りくださいね。