久しぶりに
中塚英司さんがつくる
木の道具たちが届いてます。

Img_0390df4ffb55f94328ab957d6a2fb98d
中塚さんのつくる木のモノは毎日の食卓を支えてくれる相棒のような存在。


少しずつ形を替えながら使いやすいようにと
丁寧に仕上げられたものは
道具として無駄のないシンプルなつくり。


自然や季節のうつろいを感じながら
実直に手を動かしている中塚さんの姿が目に浮かびます。


Img_1fe5e06e01a9cb7f7a97a37b56923709
Img_e46fbe4bfc34ede6820e04b53f54191c


私も愛用しているのですがすっかり手に馴染んで
毎日使う度、良いなぁと実感するのです。

木のモノは使っていくうちに、木肌がふさふさになったり、
色が変色したり、傷だってたくさん。
そのひとつひとつが愛おしさに変わっていきます。
ちょっとだけお手入れしていただくことで、木は深みのある落ち着いた艶が増してきます。


特別なものじゃなくても
目にしたり手にするものが
日々の暮らしを楽しむきっかけの一つにになってくれたら
とてもうれしく思います。